チャイコフスキー:幻想序曲ロメオとジュリエット
ー若きチャイコフスキーのよく知られたこの曲。
幻想序曲『ロメオとジュリエット』は、ピョートル・チャイコフスキーがシェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を題材として作曲した演奏会用序曲。
1869年の9月から11月にかけて作曲され、1870年3月16日、モスクワにおいてニコライ・ルビンシテインの指揮によって初演された。楽譜は1871年にベルリンで出版されたが、その際に大幅な改訂が行われた。その後も改訂が行われ、現在演奏される決定稿が出版されたのは1881年。
交響曲第1番と第2番の間に作曲されたこの曲が、チャイコフスキーの最初の傑作という声も多い。
修道僧ロレンスを表すコラール風の荘重な序奏をクラリネットとファゴットが奏で始まりまる。
続くアレグロ・ジュスト、ロ短調、ソナタ形式による主部では、まずモンタギュー家とキャピュレット家のいさかいを表す激情的な第1主題が現れ、弦楽器と管楽器の激しい掛け合いは両家が剣を交わすことをイメージしている。次第に激しくなっていく。
それが少しずつ落ち着いてきたところで変ニ長調へと変わり、コールアングレと弱音器つきのヴィオラによりロメオとジュリエットの恋を描く甘美な第2主題が出る。後に弦楽器が敵の家の人間に恋をしてもいいのかという悩んでいる様子を奏で、フルートとオーボエによって再び第2主題が奏でられる。
別れを惜しむように収束し、再び第1主題が序奏の主題を伴いながら断片的に現れ、また激しく争っている様子を奏でる。弦楽器が下降すると、オーボエにより先ほどの悩んでいる様子のメロディーが演奏され、それに続いて第1主題と第2主題が再現される。
ロメオをジュリエットの恋を描く第2主題を弦楽器が演奏する中、トランペットが死を予告するフレーズを歌い、2人の恋は死へと向かっていることを暗示している。各主題が交錯しながら盛り上がり最高に達し、仮死状態のジュリエットが死んでしまったと思い込むロミオの気持を表すようより一層激しい曲調になり、鋭い1音。これはロミオが毒薬によって死んでしまったことを表している。
またティンパニによる鋭い1音。目が覚めたジュリエットはロミオを追いかけて短剣によって自分を刺す。 ティンパニのロールが終わると終結部へと流れ込む。モデラート・アッサイの終結部は、葬送行進曲風のティンパニの心臓の音を表す刻みに悲しげな第2主題が重なり、ロ長調で木管楽器が天に召される2人の様子を清らかに曲を奏でると、最後はトゥッティの緊迫した和音で終わる。
演奏は、プレトニォフ指揮ロシア国立交響楽団