シベリウス:交響曲第2番ニ長調op.43 第3楽章、第4楽章
ー年末年始のテーマは希望。
ー冬の希望はこの曲のこの楽章!
この作品について最も早い時期のスケッチは、交響曲第1番の初演が大成功に終わった2ヶ月後の1899年6月に書かれた第4楽章フィナーレの主題だが、これはしばらく放置された。
1901年2月から3月にかけ、シベリウスは家族を連れてイタリアへ長期滞在の旅に出た。ジェノヴァ郊外のリゾート、ラパッロに住まいと作業小屋を借りシベリウスは、この作品の作曲を進めた。
厳寒のフィンランドに比べ温暖なこの国を彼は「魔法がかかった国」と評し、スケッチの筆は急速に進んだ。また、イタリアの様々な伝説や芸術作品も彼の創造力を刺激した。
第2楽章の楽想はフィレンツェでの印象やドン・ジョヴァンニ伝説にインスピレーションを得たと言われる。
また、ローマ滞在中にパレストリーナの音楽に多く触れ、その対位法技法から多くを学んだ。
しかし、シベリウスはイタリア滞在中に完成させることはできず、フィンランドに戻った同年11月に一旦完成とした後、年末に再び大幅な改訂を行って完成した。
緊迫感に満ちた第3楽章、その中でしみじみと牧歌的な雰囲気で奏でられるオーボエの印象的な旋律、また第4楽章の情熱的でスケールの大きい主題、親しみやすく深い希望に満ちている。

 演奏は、ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団。シベリウスとも親交のあったオーマンディによる、明快で豊かな演奏で、私のお気に入りの1つ。