グラズノフけ「瞑想」ニ長調0p.32 アンダンテ・ソステヌート
1891年グラズノフ26才の時の作品。どこか懐かしく優しい、明るさとほんの少しの哀愁を感じさせる佳品。
演奏は、クララ・ジュミ・カン。しみじみと歌うヴァイオリンがとても心地よい。