バッハ:パストラーレ へ長調BMW590
ー秋も深まる中で、今週のテーマはチェロとオルガン。
ー今朝は静かにバッハのパストラーレ。
パストラーレ ヘ長調 BWV590はバッハのオルガン曲。バッハの時代に「パストラーレ」は「キリストの降誕を祝う」という意味。
クリスマスを連想させる、どこか牧歌的で優しく心が安らぐ作品。

曲は次の4つの部分から成っている。
第1曲:ヘ長調 シチリアーナ風で明るくのどか
第2曲:ハ長調 アルマンド風舞曲 優しく語りかけてくる
第3曲:ハ短調 ゆったりとした美しいアリア。一度聴くと忘れられない
第4曲:ヘ長調 快活なジーグ風舞曲

オルガンはペテルスブルグ生まれのOlga Minkina。ドイツ、ビーレフェルドの聖バーソロミュー教会、2014年12月23日録画。