心に聴かせる5分のクラシック

Berlioz : Rêverie et Caprice, Op.8

Berlioz : Rêverie et Caprice, Op.8

ベルリオーズ:夢とカプリースーヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス 作品8 ー滅多に演奏されないが、親しみやすい旋律でもっと聞かれていい曲。 夢とカプリース(Rêverie et Caprice )ーは、ベルリオーズ(1 …

Read more

Lehar: “Gold und Silber” Walzer

Lehar: “Gold und Silber” Walzer

レハール:ワルツ「金と銀」作品79 ーよく知られた楽しいワルツ。 『金と銀』(: Gold und Silber)は、フランツ・レハールが、1902年の謝肉祭の間に催されたパウリーネ・メッテルニヒ侯爵夫人主催の舞踏会のた …

Read more

Wagner : Ouverture de Lohengrin

Wagner : Ouverture de Lohengrin

ワーグナー:「ローエングリン」第一幕への前奏曲イ長調 ーどこまでも美しい情感! ワーグナー( Leipzig 22 mai 1813 – Venise 13 février 1883)が 1850年に作ったロ …

Read more

Chopin: Les Sylphides

Chopin: Les Sylphides

ショパン/ロイ・ダグラス編:レ・シルフィード 『レ・シルフィード』(Les Sylphides)は、バレエ作品。ショパンのピアノ曲を管弦楽に編曲し、バレエ音楽にしている。このため別名は『ショピニアーナ』(Chopinia …

Read more

Chabrier : España Rhapsody For Orchestra

Chabrier : España Rhapsody For Orchestra

シャブリエ:スペイン狂詩曲 ー今週は春のポピュラークラシックコンサート! ー生き生きとしたリズムとスペインの色彩感溢れる小粋な音楽。 シャブリエの名を一躍世界中に轟かせた曲。 内務省の役人だったシャブリエは1880年に役 …

Read more

Mozart : String Quartet #14 in G, K 387

Mozart : String Quartet #14 in G, K 387

モーツァルト:弦楽四重奏曲第14番「春」ト長調k387 ーモーツァルトのハイドンへの念! ー1789年のモーツァルトの最後は、ハイドンとの交流の思い出。 1789年の大晦日、モーツァルトがハイドンを招いて「コシ・ファン・ …

Read more

Mozart – Cosi fan tutte: I. “Di scrivermi”

Mozart – Cosi fan tutte: I. “Di scrivermi”

モーツァルト:「コシ・ファン・トッテ」第一幕より「別れの五重唱」 ー精妙な五重唱のアンサンブル! 1789年フランス革命の年の秋、モーツァルトは皇帝ヨーゼフ二世から待望のオペラの仕事を依頼された。この年の8月にウィーンで …

Read more

Mozart Piano Sonata No.18 in D major, K.576

Mozart Piano Sonata No.18 in D major, K.576

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第18番ニ長調k576 ープロイセン王の長女のために作曲されたソナタ。 ー是非とも聞きたい秀悦な第二楽章アダージョ! 1789年5月19日モーツァルトはベルリンを訪れ、一週間後、ようやくプロイ …

Read more

Mozart: Clarinet Quintet k581, 4 movement

Mozart: Clarinet Quintet k581, 4 movement

モーツァルト:クラリネット五重奏曲k581第四楽章 ー麗しいクラリネットの響きと弦楽器との対話! モーツァルトは1989年5月28日、コンスタンツェの待つウィーンに戻った。フランスではバスチーユ監獄の襲撃が行われる2日前 …

Read more

Mozart :Duport Variations K573

Mozart :Duport Variations K573

モーツァルト:デュポールのメヌエットの主題による九つの変奏曲k573 ーデュポアへのごますりか挑発か? 1789年のベルリン旅行。フリードリヒ・ヴィルヘルム二世からの招聘で向かったはずのポツダムに到着したモーツァルトは3 …

Read more

Mozart: Piano Concerto No26 in D Major, K537 “Coronation”

Mozart: Piano Concerto No26 in D Major, K537 “Coronation”

モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番ニ長調k537「戴冠式」 ーモーツァルトの名曲の一つ。 1789年の旅の最中、4月14日にドレスデンに着いたモーツァルトは、ザクセン選亭侯のお妃の前で、前1788年に作曲したこのピアノ協 …

Read more

Mozart:Streichquartett D Dur KV 575

Mozart:Streichquartett D Dur KV 575

モーツァルト:弦楽四重奏曲「プロイセン王第一番」ニ長調k575 ー今週のテーマは1789年のモーツァルト。 フランス革命の年、モーツァルトはどうしていただろうか。 ウィーンで暮らしていたモーツァルトの経済的事情は好ましく …

Read more

Stravinsky : The Rite Of Spring

Stravinsky : The Rite Of Spring

ストラヴィンスキー:春の祭典 ー20世紀音楽史を画したこの曲! 1913年5月28日パリのシャンゼリゼ劇場で行われた「春の祭典」の初演。美術・衣裳は、ニコライ・レーリヒ、指揮はピエール・モントゥーで、振り付けはニジンスキ …

Read more

Ravel:Daphnis et Chloé ,Tableau III 10. Lever du jour

Ravel:Daphnis et Chloé ,Tableau III 10. Lever du jour

ラヴェル:「ダフニスとクロエ」より、「夜明け」 ーラヴェルの最高傑作! 『ダフニスとクロエ』(Daphnis et Chloé)は、ラヴェルが作曲したバレエ音楽で、それを基にした管弦楽組曲が有名。 バレエ音楽は、ロンゴス …

Read more

Debussy:L’apres-midi.d’une.faune

Debussy:L’apres-midi.d’une.faune

ドビュッシー:バレエ「牧神の午後への前奏曲」 ー官能的なバレエ作品 『「牧神の午後」への前奏曲』 (Prélude à “L’après-midi d’un faune”) …

Read more

Stravinsky : Petrushka

Stravinsky : Petrushka

ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ ーストラヴィンスキーのバレエ第二作 以前にも書いたが、ペトルーシュカ(Петрушка, 英語: Petrushka)は、ロシア人の男性名ピョートル(Пётр)に由来し、ロシアの民間の …

Read more

Rimsky-Korsakov:Ballet Scheherazade part 1

Rimsky-Korsakov:Ballet Scheherazade part 1

リムスキー=コルサコフ:バレエ「シェヘラザード」前編 ーバレエ化されたシェヘラザード! 『シェヘラザード』(Шехераза́да)作品35は、1888年夏に完成されたリムスキー=コルサコフ(1844-1909)の交響組 …

Read more

Stravinsky:Firebird part-2/4

Stravinsky:Firebird part-2/4

ストラヴィンスキー:バレエ「火の鳥」より ー火の鳥の最も美しい部分、イワン王子と王女ツァレヴナの恋 ディアギレフは1910年のシーズン向けの新作として、「火の鳥」によるバレエの上演を思いつき、アナトーリ・リャードフに作曲 …

Read more

Borodin: Polovtsian dances with chorus

Borodin: Polovtsian dances with chorus

ボロティン:ポーロヴェツ人の踊りー「イーゴリ公」より ー今週は、ディアギレフのロシア・バレエ団にフォーカス! ディアギレフのロシア・バレエ団は、1909年パリのシャトレ座で旗揚げし、第一次世界大戦を挟んで1929年に解散 …

Read more

Schubert: ‘Rosamunde’ Entr’acte

Schubert: ‘Rosamunde’ Entr’acte

シューベルト:ロザムンデ 間奏曲第3番 ーシューベルトの最後はこのメロディーで。 ーストコフスキーが思いっきりロマンティックに解釈した演奏。 シューベルトは、劇音楽の世界にも大きな憧れを抱き、5つのオペラをはじめ、オペレ …

Read more

Schubert : Violin Sonata No 4 in A major, D 574

Schubert : Violin Sonata No 4 in A major, D 574

《classical music to your heart no.704》 シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ第4番イ長調D.574 ー20歳のシューベルトのみずみずしくも構成力のあるソナタ! シューベルトのヴァイオリ …

Read more

Schubert:Symphony No 5 B flat major

Schubert:Symphony No 5 B flat major

シューベルト:交響曲第5番 ーロマン性と古典性の見事な結合! ー今回はワルターの心温まる演奏で。 シューベルトの交響曲はとても好きで、全集がたくさん手元にある。スイトナー、アバド、ムーティ、ロイ・グッドマン、ケルテス、コ …

Read more

Schubert: Moments musicaux Op. 94 D. 780: No.2 in A-Flat

Schubert: Moments musicaux Op. 94 D. 780: No.2 in A-Flat

シューベルト:「楽興の時」第2番D.780-2 ー限りなく美しいシューベルトの小品! シューベルトのピアノ小品は、ロマン派的キャラクター・ピース(性格小品)の先駆をなすと言われている。ドイツ舞曲、レントラー、エコセーズな …

Read more

Schubert:Im Fruhling

Schubert:Im Fruhling

シューベルト:「春に」D882 ー穏やかな春に、淡く儚い恋の想いを歌う。 ーディースカウの名唱! 『春に』(Im Frühling)は、シューベルトが1826年に作曲した歌曲。エルンスト・シュルツェの詩による。春になって …

Read more

Schubert : Piano Sonata No 13 in A major, D 664

Schubert : Piano Sonata No 13 in A major, D 664

シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番D.664 ーシューベルトの最もまとまった可憐なピアノ・ソナタ! ー春の芳しい香り! シューベルトはベートーヴェンのすぐ後を歩んでいた。強い意志と徹底した古典主義的形式のベートーヴェン …

Read more

Schubert:Nachtviolen D.752

Schubert:Nachtviolen D.752

シューベルト:夜咲きすみれ D.752 ー今週は早春にふさわしいシューベルトにフォーカス。 ーはじめに素敵な「夜咲きすみれNachtviolen」 シューベルトは、交響曲の分野で古典主義的だが、歌曲の分野ではロマン主義的 …

Read more

Ravel : La valse

Ravel : La valse

ラヴェル:ラ・ヴァルス ーワルツの最後はこの曲! 今回は二台のピアノで。 「渦巻く雲が、切れ目を通して、円舞曲(ヴァルス)を踊る何組かを垣間見させる。雲は次第に晴れてゆき、旋回する大勢の人でいっぱいな、大広間が見えてくる …

Read more

Schubert: Valses Sentimentales op. 50 (selection)

Schubert: Valses Sentimentales op. 50 (selection)

シューベルト:「感傷的なワルツ」op.50, D 779 ー小粋で楽しげなシューベルトのワルツ! ラヴェルの作品に「高雅で感傷的なワルツ」がある。これは、実は シューベルトのこの作品と「高雅なワルツ」の二つを念頭においた …

Read more

Berlioz: Symphonie fantastique Ⅱ. Un Bal

Berlioz: Symphonie fantastique Ⅱ. Un Bal

ベルリオーズ:幻想交響曲第二楽章「舞踏会」 ー初めてワルツが入った交響曲! 交響曲の中間楽章に踊りの音楽が入るのは定番で、1830年2月に完成し同年12月5日にパリで初演された幻想交響曲以前はほとんどがメヌエットだった。 …

Read more

Johann Strauss II : Rosen aus dem Süden – Walzer, Op. 388

Johann Strauss II : Rosen aus dem Süden – Walzer, Op. 388

ヨハン・シュトラウス2世:「南国のバラ」op.388 ーイタリア国王に献呈された南国イタリアを想う 明るいウインナ・ワルツ! ワルツ王ヨハン・シュトラウス2世には、「美しく青きドナウ」「ウイーンの森の物語」などの10大ワ …

Read more

Johann Strauss Senior : Lorelei Rhein Klänge Walzer op.154

Johann Strauss Senior : Lorelei Rhein Klänge Walzer op.154

ヨハン・シュトラウス1世:ローレライ=ラインの調べ op.154 「ローレライ=ライン」とは、ライン川とその岸にそびえる岩山『ローレライ』を指す。この岩山には、ローレライという同名の水の精が棲むと伝承され、その歌声は漁師 …

Read more

Lanner: Die Romantiker Walzer

Lanner: Die Romantiker Walzer

ヨーゼフ・ランナー:ワルツ「ロマンティックな人々」op.167 ーウインナ・ワルツ様式を確立した「ワルツの始祖」ランナー。 ーニューイヤーコンサートでも度々取り上げられている。 ヨーゼフ・ランナー(Joseph Lann …

Read more

Chopin: Minute Waltz Op. 64 No. 1

Chopin: Minute Waltz Op. 64 No. 1

ショパン:ワルツ第6番変ニ長調Op.64-1「子犬のワルツ」 ー今週のテーマは「ワルツ」 ーまずはよく知られたこのワルツ ワルツは、西オーストリア・南ドイツ(ハプスブルク帝国)の起源で、13世紀頃から今日のチロル州とバイ …

Read more

Puccini:La Boheme , “Che gelida manina” , “Si, mi chiamano Mimi”

Puccini:La Boheme , “Che gelida manina” , “Si, mi chiamano Mimi”

プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」第一幕より ー1830年代のパリでもう一つの青春像! ー永遠の名作「ラ・ボエーム」 貧しいが心優しい若きボヘミアン達の物語。原作はアンリ・ミュルジェールの小説・戯曲『ボヘミアン生活の情景』 …

Read more

Verdi :La traviata

Verdi :La traviata

ヴェルディ:歌劇「椿姫」前奏曲と第一幕 ーヴェルディの傑作! ーパリ7月王政下の高級娼婦の世界 1830から1848 年にわたる反カソリック的ブルジョワ王政下のパリでは、普通の娼婦とは全く異なる高級娼婦の世界があった。こ …

Read more

Meyerbeer : Les Huguenots – Act II – Finale

Meyerbeer : Les Huguenots – Act II – Finale

マイアベーア:「ユグノー教徒」第二幕フィナーレ ー7月王政下で全盛した代表的なグランド・オペラ! ーグランド・オペラ 1829年の「ウイリアム・テル」を嚆矢とし、1830年以降に全盛したのが、グランド・オペラ。シリアスな …

Read more

Chopin: Nocturne Op.9 No.1

Chopin: Nocturne Op.9 No.1

ショパン:ノクターン 第1番op.9-1 ープレイエル夫人に捧げたノクターン 《3つのノクターン》作品9は、ショパンが最初に出版したノクターン。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作 …

Read more

Rossini:Wilhelm Tell Finale

Rossini:Wilhelm Tell Finale

ロッシーニ:歌劇「ウイリアム・テル」第4幕フィナーレ ーロッシーニが正面から自由を求めた唯一のオペラ・セリア! ベルリオーズが幻想交響曲を完成させた1830年2月のわずか半年前、ナポレオンが作ったパリのイタリア座では、当 …

Read more

Chopin: Prelude 24

Chopin: Prelude 24

ショパン:前奏曲第24番ニ短調op.28-24 ー激しい感情の起伏! 1830年11月2日、ショパンはウイーンに向けて旅立った。そしてこれ以降祖国の土を踏むことはなかった。11月22日ウイーンに到着して程なく、独立を求め …

Read more

Saint-Saens:Carnival of the Animals, Finale

Saint-Saens:Carnival of the Animals, Finale

《classical music to your heart no.684》 サン=サーンス:「動物の謝肉祭」フィナーレ ー謝肉祭の最後はこの楽しい音楽。 ーディズニーの「ファンタジア2000」で。 「動物の謝肉祭」は1 …

Read more

Khachaturian :Waltz, Masquerade

Khachaturian :Waltz, Masquerade

ハチャトリアン:組曲「仮面舞踏会」からワルツ ー謝肉祭につきものの仮面舞踏会 ーフィギュア・スケートの曲としてよく聞かれるこのワルツ! 仮面舞踏会は、仮面をつけ身分素性を隠して行われる舞踏会のこと。マスカレイド(英: m …

Read more

Dvořák: Carnival Ouverture, Op.92

Dvořák: Carnival Ouverture, Op.92

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」 ー民衆の春を待つ希望を感じるヴィヴィッドな名曲! 序曲《謝肉祭》は、ドヴォルザークがアメリカへわたる前年、 1891年に作曲された。ドヴォルザークは、1891年から1892年にかけて3つの …

Read more

Arban:Carnival of Venice

Arban:Carnival of Venice

アーバン:ベニスの謝肉祭 ーフルートやトランペットの曲として有名な「ベニスの謝肉祭」 ー華麗で明るい曲想は、謝肉祭による春の訪れを感じる。 有名な民謡のメロディをもとに、多くの作曲家が変奏曲を作曲している。J.ベネディク …

Read more

Schumann : Carnaval Horowitz  part 1 of 4

Schumann : Carnaval Horowitz part 1 of 4

シューマン:「謝肉祭」0p.9より第1曲から第4曲 ー若きシューマンの傑作。 ー謝肉祭につきものの道化師を描く! 若きシューマンにとって謝肉祭と仮面舞踏会は、想像力の一つの源泉だった。この「謝肉祭」や「ウィーンの謝肉祭の …

Read more

Tchaikovsky: “February” (‘Carnival’) – ‘The Seasons’

Tchaikovsky: “February” (‘Carnival’) – ‘The Seasons’

チャイコフスキー:謝肉祭 「四季」より2月 ー今週のテーマは「謝肉祭」 ーまずは2月が謝肉祭の季節であることを示すチャイコフスキーの「四季」2月。 キリスト教文化では冬から春にかけて、謝肉祭(一・二週間程度)→四旬節(4 …

Read more

Mahler : Ging heut morgen übers Feld

Mahler : Ging heut morgen übers Feld

マーラー:朝の野を歩けば、「さすらう若人の歌」第2曲 ー春の自然に満ちた野を楽しく歩く、しかし失恋の痛手を思い出す。 さすらう若人の歌Lieder eines fahrenden Gesellenは、正確に言えば、若き職 …

Read more

Sibelius : Symphony no.6

Sibelius : Symphony no.6

シベリウス:交響曲第6番作品104 ー静謐で透明なシベリウスの世界 ー北欧の真っ白な冬の先に仄見える春の兆し 1923年に作曲された自然の情景と心象風景が重なるシベリウスの秀逸な交響曲の一つ。 第1楽章 Allegro …

Read more

中田 章:早春賦

中田 章:早春賦

中田章:早春賦 ー日本の古典的な名歌。やはり今の季節に聞きたい! 早春賦が発表されたのは大正二年発行の新作唱歌第三集で、信州の夏期講習会の教材としてつくられ、遅い安曇野の春を待ちわびる心を歌ったものといわれ、以来多くの人 …

Read more

Schubert : Frühlingsglaube D686

Schubert : Frühlingsglaube D686

シューベルト:春への想い D686 「春の想い “Frühlingsglaube”(春への信仰)」は1820年、シューベルト23歳の年にルートヴィヒ・ウーラントの詩により、「12の歌曲」の第7曲目 …

Read more

Yoshimatsu : Spring…Dream Song on May / Winter…Lullaby

Yoshimatsu : Spring…Dream Song on May / Winter…Lullaby

吉松隆:「春 五月の夢の歌」「冬 子守歌」、「四つの小さな夢の歌」より ー今週のテーマは「春への夢」! 節分・立春と続いた後、春への想いは深くなる。 ー始まりは吉松隆さんの優しい音楽で。 現代日本の作曲家(1953年生) …

Read more