当オーディションは終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。結果は幣財団のホームページにて、4月以降を目途に公開いたします。

はじめに

澤上篤人さわかみオペラ財団では、この2年間で延べ17名のオペラ歌手を、イタリアへ送り込んできました。その中からは、すでに7名が役をもらって舞台に立ち、うち1名は主役を演じています。

オペラの本場イタリアでは、将来の栄光を夢みる歌手たちが、ひしめくようにして出演のチャンスを狙っています。その第一歩は歌劇場への出入りを許されることですが、これがかなりの難関となります。
 
当オーディションの合格者には、イタリア有数の歌劇場で研修生として研鑚を積んでもらいます。皆さんは、相当有利な立場からのスタートとなります。そこから先、どこまで伸びるかは、皆さんの意欲と努力次第です。

世界のひのき舞台で大きく羽ばたきたい人は奮って挑戦を!!

公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団 理事長
ジャパン・オペラ・フェスティヴァル実行委員会 会長
澤上 篤人

オーディション開催日・会場

国内会場 【京都】
2017年2月26日(日) 終日(予定)
京都国立博物館 平成知新館 B1 講堂
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
アクセス
【東京】
2017年2月28日(火)2017年3月1日(水)2017年3月2日(木) 全日とも終日(予定)
イタリア文化会館 アニェッリホール
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30
アクセス
イタリア会場 【ボローニャ】
2017年2月13日(月)2017年2月14日(火) 両日とも終日(予定)
Teatro Auditorium Manzoni
Via Dè Monari, 1/2, 40100 Bologna, Italia
【トリエステ】
2017年2月19日(日) 終日(予定)
Teatro Verdi Trieste
Riva Tre Novembre, 1-34121 Trieste, Italia

※申込締め切り後、事務局より順次集合場所・時間をご連絡いたします。

応募資格(留学希望の方)

・年齢、性別不問。
・大学(声楽専攻)卒業以上の実力を有していること。
・日本国籍を有する者、又は日本の永住資格を有する者。
・留学期間中はオペラの研鑽のみに集中して取組めること。
・イタリアでレッスン等を受けるのに必要な語学力を有すること。
・心身ともに健康であること。
・2017年度内(2017年4月1日~2018年3月31日までの間)に留学助成を開始できること。

応募種別

[1] オペラ出演(ソリスト)のみ
[2] オペラ出演(ソリスト)、イタリア研修(最長1年間)
[3] イタリア研修(最長1年間)のみ

※申込み用紙は、国内とイタリアでは異なりますので記入の際にはお間違いのないよう、注意してください。
[1] オペラ出演のみまたは [2] オペラ出演とイタリア研修の併願を希望する方は、
「ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2017 『椿姫』キャスティングオーディション」もご覧ください。
※イタリア会場でのオーディションについて、ボローニャでは [1] オペラ出演のみまたは [2] オペラ出演とイタリア研修の併願トリエステでは [3] イタリア研修(最長1年間)のみの受付となりますのでご注意ください。詳細は各応募要項をご覧ください。

留学助成について

期間 研修開始から最長1年間
場所 イタリア(ボローニャ・トリエステなど)
助成額 360万円以内(月額30万円)

応募期間

【国内会場】
2017年1月6日(金)~2017年2月6日(月)

【イタリア会場】
2017年1月14日(土)~2017年2月3日(金)

予定合格者数

若干名
※ 審査の結果によって、該当者なしの場合もある。

応募要項(必ずご確認ください)

【国内会場用】
留学助成オーディション 応募要項(国内)

【イタリア会場用】
留学助成オーディション 応募要項(イタリア)

<歌唱曲について>
イタリア留学助成金奨学生オーディションを受ける方は、各自で任意のオペラアリアを選択し、歌唱してください。
※ただし、キャストオーディションと併願する方のうち、希望の役がヴィオレッタ、アルフレード、ジェルモンのいずれかである場合は、それぞれの役に指定された課題曲を歌唱していただきます。その他のキャストとの併願をする場合は、任意のオペラアリアを選択していただいて構いません。

審査

審査内容 一次審査(書類審査・音源審査)
二次審査(歌唱審査)
三次審査(面接審査)
※審査等に関しての詳細は、国内とイタリアそれぞれの留学助成金奨学生オーディション応募要項に記載されていますので、そちらをご覧ください。
※なお二次審査、三次審査は同日に行いますので、終日参加できるようにしておいてください。
審査の公開 当オーディションは、メディアや観覧希望者に対して一般公開での開催となります。
審査員 吉田裕史(ボローニャ歌劇場 首席客演指揮者)
澤上篤人(さわかみオペラ財団理事長) 他 公式審査員2~3名
※審査員は変更になる場合があります、予め御了承ください。
留意事項
  • 審査員は歌唱実技の結果合格者を決定し、該当者がいない場合は該当者なしとする。
  • 指定箇所からの演奏、中断、あるいは繰り返しでの歌唱を求めることがある。
  • 歌唱曲の追加を求められた場合、暗譜による歌唱は必要とされません。
  • 出場者は審査の結果に対して一切異議を申し立てることはできません。
  • イタリアの歌劇場の要請により事前準備の必要を求められた場合は、歌劇場あるいは当財団による、特別リハーサル、マスターコースに参加すること。

個人情報の取り扱いについて

  • 当財団がオーディション受講者から申込み時に取得した個人情報は、選考及び助成の目的にのみ使用し、助成終了後に当財団から連絡する目的で使用することがあります。
  • 当財団は、歌唱審査を含めた当日の模様の録音・録画等を行うことがあり、当該録音・録画に含まれる肖像・音声等については当財団の活動の記録及び広報・プロモーションの目的で使用します。
  • オーディション受講者は、当財団が肖像・音声を無償で使用することを許諾したうえで、オーディションにお申し込みいただきます。

申込方法・締切

申込について

【国内会場】郵送またはEメール

  • 郵送の場合:【〒102-0082 東京都千代田区一番町29番2 
    公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団 2017年度オーディション申込係】まで送付してください。
  • Eメールの場合:【entry@sawakami-opera.org】まで
    件名を「2017年度オーディション申込」としてお送りください。

【イタリア会場】Eメールのみ

申込書送り先:【entry@sawakami-opera.org】
オーディション申込書に記入の上、件名を「2017年度オーディション申込」としてお送りください。
※申込受付完了の際に、Eメールにてご連絡します。受け取りができるよう@sawakami-opera.orgをドメイン設定してください。

参加費 【国内会場】
審査料 5,000円(一次審査・二次審査・三次審査のすべてを含む)
伴奏料 5,000円(当財団が手配するピアニストに伴奏を依頼する場合)

【イタリア会場】
審査料・伴奏料 10,000円(審査料5,000円・伴奏料5,000円)
※ イタリア会場の受講者は当財団の手配するピアニストの伴奏で受けていただくため、審査料と伴奏料を合計した金額となります。
※参加費に関する詳細は応募要項に記載されていますので、そちらをご覧ください。

ご注意:
※一次審査(書類・音源審査)での合否や二次および三次審査の欠席など、理由の如何を問わず審査料はご返金いたしませんので、予めご了承ください。
※ただし、伴奏者を依頼される方や、イタリア会場で受講される方のうち、応募者多数のために二次審査にお進みいただけなくなった場合は、伴奏料としてお支払い頂いた5,000円はご返金致します。

申込締切 【国内会場】
2017年2月6日(月) ※メール必着、郵送の場合は当日消印有効

【イタリア会場】
2017年2月3日(金) ※メール必着

審査結果 2017年3月中に応募者に直接通知されます。
※審査結果の発表が遅れる場合は、当財団ウェブサイトにてお知らせします。
※審査結果について個別の問い合わせには応じかねますので、予めご了承ください。
申込書 【国内会場】
申込用紙(国内会場)PDF形式
申込用紙(国内会場)EXCEL形式

【イタリア会場】
申込用紙(イタリア会場)PDF形式
申込用紙(イタリア会場)EXCEL形式

※申込用紙はキャスティングオーディションと共通です。


主催:ジャパン・オペラ・フェスティヴァル実行委員会
   公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
後援:イタリア文化会館
協力:京都国立博物館

問い合わせ

公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団
〒102-0082 東京都千代田区一番町29番地2 一番町進興ビル4F
TEL:03-6380-9862 E-mail:info@sawakami-opera.org
営業時間 月~金 9:00~17:00 定休日:土、日、祝日